フカセ釣り初心者へ

チヌ釣り|遠矢ウキ初心者向けの扱いやすいオススメのモデルと、浮力調整方法について

スポンサーリンク

 

遠矢ウキ

フカセ釣りの2大ターゲットのチヌ(クロダイ)とグレ(メジナ)。チヌ狙いの場合、比較的波の穏やかなフィールドで釣りをする場合、アタリがより敏感にわかる棒ウキを使用する人は多いはず。

棒ウキは様々なメーカーから多くの種類が発売されています。その中で長い歴史を誇り一番人気があるのが遠矢ウキではないでしょうか。

しかし、遠矢ウキの使用をためらっている釣り人は多いのではないでしょうか。実は私もその一人でした。

使用をためらう理由
・機種が多くてどれがよいのかわからない
・全長が長いので使いこなせるか心配
・浮力調整の方法がわかりにくい
・価格が高いので失敗したくない

しかし、このウキを使ってみてビックリ!円すいウキでは得られない微妙なアタリを的確にとらえる事ができるんです。

しかも、モデルを選べば扱いも難しくなく遠投性能も抜群なんですよ!

当然釣果アップにつながるのですが、何よりウキの反応を見るのが楽しく釣りがさらに面白くなりました!

こんにちは、しまLOGのしまちゃんです。

今回はそんな遠矢ウキについて遠矢ウキ初心者が扱いやすいモデルの紹介と、浮力調整について解説をしていくよ。

こんな人が書いています・・・
川、池、湖、海と30年以上いろいろな釣りをしてきました。現在は四季を通じで堤防や磯でフカセ釣りをメインに楽しんでいます。
これまでの経験を活かして、釣り初級者がステップアップできるような役に立つ情報を中心に発信していきます。

 

遠矢ウキ初心者にオススメするのはこれ!

オススメの遠矢ウキ

遠矢ウキのチヌ用のウキを始めて使う方におすすめしたい機種。それは写真の300S-小と中となります

これから棒ウキを使う人が、棒ウキを使う際に気になるのが扱いやすさではないでしょうか?円すいウキに慣れている人は特にそう思うはず。

そう、この300Sは全長が64cm程と長いので見るからに扱いにくそうですよね。(笑

でも心配はいりません!

このウキはボディ―の自重がかなりあるので、キャスティング性能は高く棒ウキに慣れていない人でも扱いやすいのだ。

棒ウキをキャストするコツは、円すいウキの時より垂らしを長めにとる事。

これはどの棒ウキでも共通なので試してみて下さい。

 

この記事の内容はYouTubeにもアップしています。

Youtubeにしか掲載してない内容もあるので是非ご覧ください!

 

 

遠矢ウキの人気の理由は感度が高いのでアタリが取りやすい

遠矢ウキのアタリは分かりやすい

遠矢ウキの人気の最大の理由として、感度の高さが挙げられます。

感度が高い理由

   ①ボディーの素材がバルサ材で出来ている

   ②手作りで丁寧に作られている

 

バルサ材を御存知の方も多いと思いますが非常に軽い木材です。この素材を使用する事で小さなアタリも敏感に反応してくれるのだ。

そして1本1本手作りなんです!削り・塗装・仕上げを50程の工程を経て作成されているとの事。

丁寧に作らているので当たり外れがなく、安定した性能を発揮してくれます。

 

機種が多くてどれを選べばいいかわかりにくい!?

兎に角機種が多いので扱い慣れた人には選択肢が多くて楽しめるのでしょう。しかし、遠矢ウキ初心者にはどれを選べばいいのか迷うばかり。

初めての1本を買うときの優先順位は扱いやすさとなる。

チヌ用の遠矢ウキは全長が長いものが多いが、自重のあるタイプを選べば扱いやすい。その理由としてこのタイプはキャスティング性能が高いからだ。

機種によってはボディー幅が8ミリと軽めなので、慣れない人にはキャストなど一苦労するはずだ。

 

300S-小と中をオススメする理由

遠矢ウキ初心者には300S-小か中をオススメしました。その理由を挙げていきます。

①全長は長いがキャスティングしやすいのだ

全長は64cmと長く一見扱いにくそうに見える。しかしボディーの幅は300Sの小は10ミリ、中は12ミリあるので見た目以上に自重は十分ある。

ですからキャスト性能は高く扱いやすいのです。このウキで棒ウキのキャストになれたら他のウキを使ってみるのが良いでしょう。

②チヌ・クロダイの標準的な水深をカバーしてくれる

300S-小と中は水深4~10mをカバーしてくれます。この水深が一般的にチヌ釣りには該当するはず。適用範囲が広いところも扱いやすい要因です。

③ウキトップの視認性が圧倒的に良い

遠矢ウキのアタリは分かりやすい

遠矢ウキはウキトップの配色が絶妙ですごく見やすい。更に300Sはシリーズの中でも太めに出来ており、遠投をしても視認性が非常に高いのだ。

視力が悪い人にもおすすめです。

④小と中の使い分け

中の方が浮力が大きく自重もあります。よって、深めの棚を遠投して狙う事が多い人は中を選択しましょう。

 

遠矢ウキの浮力設定について

遠矢ウキには浮力表示の無いモデルがあります。円すいウキなら浮力表示が無いなんて有り得ませんよね!

ご紹介している300Sタイプは浮力表示が無いタイプ。海の状況などに合わせて釣り人が調整するようになっている。この後紹介しますが、オモリ棒で浮力調整が出来るようになっている。

とは言え目安の浮力が知りたいですよね。

それぞれの浮力
・300S-小が0.8号位、
・300S-中が1.5号位となります

 

オモリ棒を使いこなせたら遠矢ウキマスターだ!

オモリ棒

紹介している300Sのウキには浮力調整用のナマリ棒が付属している。これはウキトップに差し込んで浮力を調整する為の物。

長さは約45ミリで1号相当の重さがある。私はこの様に使っています。

■300S-中の場合
  ナマリ棒+5B+3B、様子を見ながら微調整する。

■300S-小の場合
  ナマリ棒を半分にカット+3B+3B、様子を見ながら微調整する。

このナマリ棒を装着する事でウキの浮力調整が出来る訳だ。

よって、1本のウキで何通りもの浮力へ変化させられる便利さがあります

 

遠矢ウキのオモリ棒の補充方法は安価に簡単に出来る

このオモリ棒、紛失したりカットしたりするので複数欲しくなる。しかし遠矢ウキで販売はない。この場合、ホームセンターで簡単に補充できるのだ。

資材売り場に行くとアルミ棒が売っていぞ。太さ3mmを選べば純正品と同じ太さなので45ミリにカットして使用する。1mの物が¥200以内で買えるでしょう。

アルミの棒

任意の長さにカットして収納しておけばすぐに浮力調整が可能だ。

アルミの棒

 

人気の遠矢ウキを確実にゲットできる方法がある

遠矢ウキは人気があるので釣具屋に在庫が無い場合が多い。あっても希望の機種やサイズが無いこともある・

そんな時確実に入手できる方法がある。ズバリ、遠矢ウキを作っている(有)トオヤへ直接注文するのだ。

個人の注文にも応えてくれます。嬉しいね!詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

クロダイ・チヌ釣りの必殺アイテム、遠矢ウキを手に入れた! チヌ釣りが好きな人は愛用者も多いでしょう。遠矢ウキを手に入れました! こんにちは、しまLOGのしまちゃんです。山陰に仕事で...

 

まとめ

チヌ・クロダイを狙うなら、感度の良い遠矢ウキを使ってみてほしい。このウキを使い倒して扱い方を学び、他の機種も使えるようになれば様々なフィールドに対応する事が出来るでしょう。

年無しサイズが釣れる事を期待しています!

質問などあればお気軽にお問い合わせ下さいね!

 

スポンサーリンク