フカセ釣り初心者へ

フカセ釣り初心者におすすめする柄杓(ヒシャク)の条件

スポンサーリンク

 

こんにちは、今回はフカセ釣り初心者向けに、ヒシャク選びのポイントをご紹介させて頂きます。

この記事でわかること

●カップの素材と大きさの選び方
●シャフトの長さと硬さの選び方
●カップの素材と大きさ
●おすすめの柄杓

■この記事を書いた人

はじめまして!

●海、川、湖と30年以上いろいろな釣りを経験
●現在はフカセ釣りメインに活動中
●釣りのステップアップ情報を発信しています

フカセ釣りの重要なアイテム、柄杓(ヒシャク)

🔰初心者
🔰初心者
柄杓なんてどれも同じですよね?
しまちゃん
しまちゃん
いやいや、これが意外と重要なアイテムなんだよ。選ぶポイントを説明するよ。

柄杓は多くの種類があります。サビキ釣りでも使う事がありますのでファミリーフィッシグ経験者は持っている人も多いのでは?

しかし、これからフカセ釣りを楽しみたいならその柄杓ではダメです!絶対にフカセ釣り専用の柄杓をご用意下さい。

フカセ釣りでは1回仕掛けを振り込むと、数回コマセ(撒き餌)を投入します。半日6時間の釣行で、3分に1回仕掛けを振り込みそのたびに3回コマセをとすると…、

何と360回も柄杓でコマセを撒くのだ!

さらにコマセはただ撒けばよいものではない。仕掛けを投入した場所と潮の流れを考慮して、狙った所へピンポイントで投入する必要があります。

よって、投入するのにストレスが無く、かつコントロールができる柄杓が必要となります。フカセ釣り専用の柄杓が必要となります。

ズバリ、この柄杓をおすすめします!

柄杓も種類や長さなど多種多様で、どれを選べばいいのか迷うはず。初心者の方にオススメする柄杓のタイプはこれ。

①カップの素材はチタン製
②カップの大きさはMサイズ
③柄杓の長さは70㎝前後

まずこの条件を満たした1本を用意しよう。カップがチタン製だと本当に軽くて、1日振っても疲れません。

Mサイズのカップは汎用性があります。柄の長さは70センチが標準。近場も遠投もこなせます。

そこでおすすめなのがこれ!ベルモントの商品はシャフトも適度な硬さで初心者にも使いやすい。価格もお手頃だから安心です。

柄杓の長さとシャフトの硬さの選び方

柄杓を選ぶ基準としてシャフトの長さと硬さがあります。自分の体力や釣り場の特性に合った物を選定すると、より釣りが快適になるのでこの点も慎重に選んでみよう。

ヒシャクの長さ

柄杓のシャフトの長さは大まかに3種類に分かれます。

シャフトの長さの基準

短め/60㎝前後→近距離狙い
標準/70㎝前後→汎用タイプ
長め/80㎝前後→遠投狙い   

狙うポイントが足元やすぐ近くなら短めの60~65㎝程のシャフトが使いやすい。遠投が必要なら長めとなります。

初心者は堤防で釣りを行う事が多いと思います。状況によって足元の堤防際を狙ったり、ちょっと遠投したりとポイントが広範囲になるはず。

しまちゃん
しまちゃん
ですから70㎝程の標準タイプを使ってみることをおすすめします

長さはパッケージに表記がありますので確認して購入しよう。

シャフトの硬さ

シャフトには柔らかめから硬めとタイプが分かれます。どれがいいのか本当に好みが分かれるのところです。

硬さの使い分け方

●柔らかめ:弾力が活かせ投入が楽に行えるので非力な方に向いている
●硬め:ビシッとした感覚があり、腕力の強い方におすすめ

初心者には疲れにくい柔らかめをおすすめします

カップの素材と大きさの選び方

カップがチタン製の柄杓をご紹介しましたが、その他樹脂、ステンレス製がありそれぞれ特徴が異なります。

素材

カップの素材には大まかに3種類
①樹脂:安価ですが強度をたもつため厚みが必要で重くなる。
②ステンレス:樹脂より強度がありますので薄く仕上げられる
③チタン:薄く仕上げられ素材自体が軽いので非常に扱いやすい。

ズバリ③のチタン1点推しです!

樹脂製は安いので惹かれますが、金属製品に比べ壊れやすいので強度を出すために素材が厚くなってしまう。

チタン製との違いを比べてみましょう。左がチタンですが素材の厚みの差は歴然ですね。これだけ差があれば当然重量の違いも大きくなります。

チタンと樹脂製の柄杓

カップが薄い利点として投入がすごく楽なことが挙げられます。

コマセを柄杓ですくって投入しますが、すくう時に素材が薄い方が力を入れなくてもカップにコマセがギュッと収まるのです。切れがよいわけですよ!

この力の入れ具合の差が、何百回とコマセを振り込むと大きな差になるのだ。疲れにくい!

また素材が薄いと軽量化につながります。長時間釣りをすると違いが顕著です。チタン製の柄杓は、高いものですと1万円位します!

その中でも安価に購入できるのがベルモントの製品です。

価格重視なら樹脂製もあり。

カップの大きさ

大まかにS,M,Lサイズと別れていますが中間のMサイズが汎用性が高い。

メジナ、チヌなど狙いの魚や季節によってS~Lサイズを使い分けています。皆さんも慣れてきたら違うサイズのカップの柄杓を検討してみて下さい。

まとめ

柄杓はフカセ釣りにとって重要なアイテムです。よって、最初に用意するものは少し値は張りますがカップはチタン製のMサイズ、長さは70㎝を基準にしましょう。

質問などあればお気軽に問い合わせ下さいね!

 

スポンサーリンク