フカセ釣り初心者へ

フカセ釣り初心者におすすめするタモとタモ枠はこれ!

スポンサーリンク

 

フカセ釣りでは30センチを超えるような魚が釣れます。そんな時、無理をして魚を引き抜くと糸が切れるかもしれませんし竿の破損につながります。何より、折角の獲物を逃してしまいます。

そんな大物釣れないから大丈夫、なんて思っていると意外と掛かったりするんです。釣り人たる者、大物を狙っている訳ですからタモは用意しなければいけません。

今回はタモやタモ枠について解説します。

 

タモとは

タモの柄、玉の柄などと呼び方がいくつかあります。

振り出し式のタモの柄の先にタモ網を取り付け使用する道具で、魚が掛かったら水面に向かって伸ばしてすくいます。

安価なものですとタモの柄、タモ枠、網がセットになって売っている。これでもいいのですが、快適に使いこなす方法を少し詳しく説明します。

 

タモの写真

タモの柄の長さはどれくらい必要か?

長さは水面までの高さ+1~1.5m必要となる

よって、5mの高さの堤防ですと6m以上のタモの柄が必要だ。

なぜこんなに長さに余裕が必要なのか?それは魚をすくう時にタモの柄が重く片手ではすくえません。タモの柄を小脇に抱えて振り出してすくいますので1~1.5m程の余裕が必要だ。

海は潮の満ち引きで海水面が上下します。特に太平洋側では干満差が大きく1m以上になるポイントも多い。

これ等の条件も考慮し、よく行く釣り場の状況に合わせて選定していこう。

私は汎用性の高い6mの物を愛用している。これで届かない釣り場には行かないように決めているのです。

参考までに私の使用しているタモの柄を掲載するのでご参考に。6m、495gでこの価格。スムーズに伸びて使いやすいです。

 

シマノのこの製品はステンレス製の玉網付きですからオトクです。

 

 

タモの柄の重量

ダイワやシマノなどのメーカー品は5mの物で約400gのようです。対してローカルメーカーの安価なものですとかなり重量が増します。

力があるから大丈夫と思っても片手で扱うタモの柄は扱いが大変なのです。とは言っても、有名メーカー品のタモは高いですよね。

金額的にちょっと…と考えるのであれば釣具屋にある安価品でもいいでしょう。重量は金額に比例しますので、お財布と相談して決めましょう。

 

タモの柄の補強に役立つアイテムとは

タモは竿と違って、堤防や磯にそのまま置く事が多いので傷がつきやすい。そうすると破損につながります。

それを防ぐために「ミリオンラバーグリップ」をほぼ全体に取り付ける事をお勧めします

 

 

ラバーグリップはタモの柄より少し径の大きいのもを選びます。このラバーの中にタモの柄を挿入しコンロやライターなどで炙る。すると熱で収縮してピタッとジャストフィットするのです。

滑り止めの効果もあり非常に使いやすい!長く大切に使いたいと思う物であれば装着を強くお勧めします。

 

タモの柄とラバー

 

タモ枠と網

 

出典:アマゾンタモ枠と網

セット品でなければ、タモ枠と網を購入しないといけません。

タモ枠の径の大きさは5センチ刻みでありますが45㎝をおすすめ。

この大きさがあると魚がすくいやすい。

たとえ50センチ以上の魚が掛かっても、網の魚の頭が入ればすくい上げられますからこの大きさが安心して使えるでしょう。

素材はチタン、ジュラルミン、ステンレスとあります。

チタンはかなり高額なのでジュラルミンかステンレスを選びましょう。

 

網についてはフカセ釣り用の網が良い。

なにが違うかと言いますと、枠から下部にかけて網の目が徐々に細かくなる設計となっている。これにより海に落としたウキを拾えます。

ルアー釣りを意識した網は目が粗くウキは拾えません…。

タモ枠と網がセットになっている物もあります。別々に購入しなくて済みますので選びやすいですしお得感があります。

 

まとめ

釣り人たるもの、タモは絶対に用意をしておきましょうね。

よく行く堤防などの高さを見てタモの柄の長さを決めてみましょう。

 

スポンサーリンク