釣りコラム

投げサビキ釣り|以外と知らないウキ止めの使い方と効率的な設定方法について!

スポンサーリンク

 

こんにちは、しまLOGのしまちゃんです。

今回は投げサビキ釣りのウキ止めの使い方について解説していきます。投げ釣りのウキが付く仕掛けでは、ウキ止めが必ず必要となります。

しかし、ウキ止めってどのように使えばいいのか、意外とわかりにくいですよね。種類も多いし、結び方にもコツがあったりします。

地味な道具の一つなのですが、活用方法によって釣果に差が出てくるので、実は意外と重要なアイテムなんですよ。

何故なら、このウキ止めの設定しだいで仕掛けを流す層を決める事が出来ますからね。これは釣りにとってすごく大切な事です。アジ釣りでは遊泳層が頻繁に変わる事が多いので、ウキ止めの使い方をしっかりと理解しておかねばなりません。

そして、ただウキを止めるだけの機能ではなく、その他に有効的な活用方法もありますので最後まで読んで使い方を修得して下さいね。

 

初心者ヌッキー
初心者ヌッキー
種類もいくつかあるし、どのように使えばいいのかよくわかりません!
しまちゃん
しまちゃん
確かにそうだね。わかりやすく解説をするよ。

 

>>動画で見たい方はこちらをどうぞ。同じ内容で解説をしています。

基本的なウキ止め糸を付けた仕掛けとは?

ウキ止め糸は仕掛けが狙いの層より深く沈んでいかないようにするための、大切な釣りアイテムです。投げサビキ釣りの場合はどうでしょうか?基本的な仕掛け例を掲載しますね。

サビキ釣りの仕掛け

 

仕掛けを投入すると、オモリの重量で底についてしまいます。ですから狙いの層に仕掛けを漂わせるには、それ以上沈んでいかないようにウキ止め糸を付けます。このようにしてウキ止めで仕掛けを漂わせる水深をコントロールするのです。

ウキ止めの種類について

ウキ止めには大きく2種類あります。ゴム製の物を取り付けるか、ウキ止め糸を道糸に結び付ける方法です。

結果から言いますとウキ止め糸を結び付ける方法がトラブルもなく扱いやすいです。

 

ゴム製のウキ止めは真ん中に穴が開いており、そこへ道糸を通して使用します。私はこのような理由でゴム製のウキ止めは使っていません。

■デメリット

✔構造上ゴム自体が大きくなりがちで、投入時にガイドに当たり思うように飛ばせない
✔1度しか使えないのでコストが高めになる

もちろんメリットもあります。めんどうな結びをしなくてもいいですし、ワンタッチで装着ができます。

しかし、私的にはメリットよりデメリットが大きいので、ウキ止めゴムはオススメしません。

ダイトウブク Sウキ止めゴム 300006|アウトドア用品・釣り具通販はナチュラム

 

それに対してウキ止め糸は使いやすいと感じています。

◆メリット

✔コンパクトに取り付けできるので投入時のトラブルが無い
✔道糸への取り付けは簡単
✔経済的

あえて難点をあげるとすると、結ぶ時の力加減に経験が必要となります。ゆるすぎるとすぐにずれてしまうし、きつすぎると移動しにくくなる。

これについてはすぐにコツが掴めるはずなので問題ないでしょう。

 

ウキ止め糸はこの商品の「中」サイズを愛用しています。

 

細、中、太 の3種類あります。アジの投げサビキでしたら「中」がよいです。カラーピンクとイエローとオレンジの3種類あるのでコツとしてはミチイトとカラー違いを付けると視認しやすいですよ。

シモリ玉

ウキ止めをウキが通過しないように取り付けします。

シモリ玉ってどんな役割があるの?仕掛けの用途をチェック!|TSURI HACK[釣りハック]

使用する道糸の太さによってサイズがことなりますので、パッケージで適合のミチイト号数を確認しましょう。

いろいろな種類がありますが、どれでも違いはそれ程ないです。

スイベル

ウキに取り付けて道糸に通して使います。こちらも道糸の太さに応じてチョイスして下さい。パッケージに記載されていますよ。

スイベル

ウキ止め糸の結び方とコツ

ウキ止めの結び方は、よく紹介されているこの結び方が簡単でオススメです!

ウキ止めの結び方

ウキ止め糸は5回巻きをオススメします。3回程ですとゆるみやすく、いつの間にか位置がずれてしまい棚ボケ(棚が狂ってしまう事)の原因となります。

フカセ釣りのように、オモリがすごく軽ければウキにかかる負荷が少ないので、ウキ止め糸がずれる事はほとんどありません。

それに対して、投げサビキ釣りではオモリが非常に重くウキへ負荷がかかります。当然ウキ止め糸がしっかりと保持されていないと動いてしまう。

また、タナが深いと仕掛けの回収時に、ウキ止め糸が竿のガイドに当たります。このときウキ止め糸の保持力が低下しているとガイドに当たった衝撃でずれてしまうのです。

それを防ぐには、締め込みの摩擦抵抗を増やすために3回巻きではなく、5回巻きが有効になるのです。

締め込みは両端を引っ張りますが、強く締め込みすぎると移動できなくなり、ゆるいとずれやすくなります。したがってジワジワとゆっくりと締め付けますこれは少し経験が必要ですね。

ウキ止め糸がゆるんだ時の対処方法

ウキ止め糸の両端は、写真のように1㎝程残しましょう。これくらいなスプールに巻き込んでもトラブルにはなりません。

ウキ止め糸を巻きつけた状態

仮に緩んでしまったらウキ止め糸を巻きなおすのは面倒ですよね。そんな時は両端をギュッと締め込むように引っぱってみよう保持力が回復するはずです。

何回もキャストを繰り返していると、ウキ止め糸は緩んでくる事があるので、10投に1回くらいの割合でずれていないかチェックしてみることをオススメします。

ウキ止め糸を移動して棚を変える

ウキ止め糸を取り付けたら、そこがウキ下の深さとなりますので魚からの反応が無ければウキ止め糸の位置を上下にずらして魚の反応を探っていきます。

アジの投げサビキ釣りでは、底ベタの深さからスタートして反応が中れば徐々に浅くして探っていくのが効率的です。

 

ウキ止め糸を移動させる時の注意点

ウキ止め糸を移動させるとき、勢いよく動かすと摩擦熱で道糸にダメージが出ます。

適度な締め付けでも摩擦熱は発しますし、これが原因でミチイトが弱るとキャスト時や大物が掛かった時にラインブレイクの原因になってしまう。

対策としてウキ止め糸を海水や唾液で湿らせて、摩擦熱の起きにくいようにゆっくりと移動させることが重要です。

 

ウキ止め糸を2つ付けると棚の把握に便利だ!

アジ釣りでは棚が頻繁に変わります。よっていろいろな層を探る為にウキ止め糸を移動するわけですが、頻繁に行うとどの層を探っているのかわからなくなりがちです。

何回もウキ止め糸を移動させると、最初の水深の位置が分からなくなってしまいますよね。

それを回避するために一工夫してみよう。

最初は底ベタの層からスタートしますが、その際ウキ止め糸を二つ取り付けます。反応が無い場合は穂先側のウキ止め糸のみを動かしていきます。

こうすると底から何メーター上を狙っているのかすぐに把握できる。またウキ下を戻したい時の目安もすぐにわかりますよね。

まとめ

ウキ止めは地味な釣りアイテムですが、仕掛けを漂わせる大切な役目をしています。

それだけではなく使い方次第で釣果に差が出ます。巻き付け方や棚の把握方法などしっかりと使い方をマスターしてください。

 

 

スポンサーリンク